成功する注文住宅づくりのヒントTOP > 注文住宅で建てる二世帯住宅の間取り事例

注文住宅で建てる二世帯住宅の間取り事例

今回は二世帯住宅の間取りについてご紹介します。
二世帯住宅には大きく3つタイプがあります。親世帯と子世帯の生活空間を完全に分ける「完全分離型」、親世帯と子世帯の生活空間を一部共有する「部分共有型」、そして親世帯と子世帯が一緒の生活空間で生活する「完全同居型」です。

二世帯住宅をお考えの場合には、親世帯と子世帯での距離感、接し方、それぞれの暮らし方の違いからどのタイプが合っているかを考え、間取りに反映させるようにしましょう。

1.完全分離型ーそれぞれ独立した生活を望む場合

間取り事例は玄関からキッチン、バス、トイレまで全てを親世帯と子世帯で独立させた「完全分離型」の間取りです。意識しなけばお互いに顔を合わせることはないので、気兼ねなく暮らすことができます。
生活の時間帯やライフスタイルが異なる場合にも適した間取りと言えるでしょう。

間取りのポイント

  • 玄関から全て分かれており、お互いのプライバシーに配慮して生活できます。
  • 浴室周り、キッチンといった生活音が出やすい空間を1階と2階で揃えることで、お互いの生活音に配慮できます。
  • 1階の親世帯では、洗濯機からすぐに洗濯物を干せるような動線となっています。


2.部分共有型ー親世帯を主軸とした間取りまたは子世帯を主軸とした間取り

間取り事例は玄関やバス、トイレは一緒にしながらも生活空間を分ける「部分共有型」の間取りです。お互いの存在を感じながら程よい距離感を保って生活することができます。また、完全分離型と比べると住宅設備や空間を共有することになるので、建築費用を抑えられます。

間取りのポイント

  • 共有で使用する浴室や洗面所はお互いのリラックス空間から距離を置くことで気兼ねなく利用することができます。
  • 浴室周り、キッチンといった生活音が出やすい空間を1階と2階で揃えることで、お互いの生活音に配慮できます。
  • 親世帯の寝室の間に別の部屋(事例では和室)を挟むことで、浴室、洗面所の音が届かないようにすることができます。
  • 洗面所と脱衣所を分けることで、家族がお風呂に入っている際に洗面所を利用できなくなるということがなくなります。


3.完全同居型ー二世帯みんなで一緒に過ごせる間取り

間取り事例はバス、トイレ、キッチン、リビングと全てを共有する「完全同居型」の間取りです。祖父母と孫が同居するスタイルなので、共働き世代にも安心です。ただし場合によってはある程度距離感を保ちたいと思う時もあるので、顔を合わせる必要がないような空間、動線を意識した間取りとしましょう。例えば、リビングを通らずにお風呂や洗面所へ行けるといった構造です。

間取りのポイント

  • リビング、ダイニングには十分なスペースを確保することで、大人数でいても窮屈に感じることなく過ごせます。
  • 複数人で食事の準備する場合には、アイランドキッチンにすることでゆったりと料理ができます。また、キッチン近くにパントリーを置くことで大量の食材の保存にも困りません。
  • 2階の子世帯エリアにセカンドリビングを置くことで、それぞれの時間を大切にすることもできます。
  • 以下の点は2の間取りと同様です。
  • 共有で使用する浴室や洗面所はお互いのリラックス空間から距離を置くことで気兼ねなく利用することができます。
  • 親世帯の寝室の間に別の部屋(事例では和室)を挟むことで、浴室、洗面所の音が届かないようにすることができます。
  • 洗面所と脱衣所を分けることで、家族がお風呂に入っている際に洗面所を利用できなくなるということがなくなります。


二世帯住宅の間取りの作り方まとめ

距離感、接し方、それぞれの暮らし方の違いから考える二世帯住宅の間取りづくりの方法はいかがでしたでしょうか?
費用面から考えた場合は、なるべく共有部分を多くした方が良いですが、長く住み続けることを考えた場合には、親世代、子世帯双方にとって適切な距離感をよく考えるようにしましょう。