成功する注文住宅づくりのヒントTOP > 注文住宅にかかる費用の内訳は?建築コストを抑える方法もご紹介!

注文住宅にかかる費用の内訳は?建築コストを抑える方法もご紹介!

注文住宅を建てる際にかかる費用について解説します。
注文住宅の費用は分かりにくい部分もあり、その理由としては注文住宅を検討しはじめたばかりの方には、家そのものの費用以外に、付帯工事費や諸経費がかかるということをご存知ない方が多いことがあげられます。
今回は注文住宅を建てる際にかかる本体工事費、付帯工事費、諸経費、そして建築後にかかるメンテナンス費についてお話します。さらにコストを少しでも抑える方法もあわせてご紹介します。

注文住宅の費用の見方

建築会社から提示される「建築費」としては、一般的に以下の3つが含まれています。
・本体工事費
・付帯工事費
・諸経費

最初の段階では本体工事費のみを提示してくる建築会社もあるようなので、必ず付帯工事費や諸経費も含まれた金額を提示してもらうようにしましょう。

また、土地をお持ちでない場合には、土地購入費も必要となってきますので、予算を立てる際には必ず、本体工事費、付帯工事費、諸経費、土地購入費の合計で考えるようにしましょう。

各費用の内訳は以下の項目をご覧ください。

本体工事費の内訳

仮設工事費外装や屋根の工事作業を行いやすくするための足場設置、仮設トイレの設置などの費用
基礎工事費土地を掘削して型枠と鉄筋を組んでコンクリートを流し込んで基礎(家の土台)をつくる工事の費用
木工事費柱や梁など構造材の加工や組み立て、内装、外壁工事のための下地工事、木の床や天井など木材を扱う工事の費用
内装工事費建物内の壁や天井(壁紙貼り、漆喰塗装、タイル貼りなど)、床貼りなどの仕上げ工事の費用
外壁工事費外壁(サイディング施工、壁の塗装、吹き付けなど)の仕上げ工事の費用


付帯工事費の内訳

解体工事費家を建てる土地に建物が建っている場合の取り壊、撤去費用
地盤改良費地盤調査により地盤改良が必要となった場合に行う工事費用
外構工事費門扉や郵便ポスト、駐車スペース、庭、ウッドデッキ、フェンスなど建物周りの工事の費用
引き込み工事費用ガス管、水道管、電気、通信回線などを引き込む費用


主な諸費用

不動産登記費用土地・建物の所有権を認めてもらうための登記費用や司法書士費用
印紙税建築会社との建築工事請負契約書や金融機関との住宅ローンの金銭消費貸借契約書などを結ぶ際に課される税金
火災・地震保険費用火災保険に関しては、ローンを借りる際に加入を義務付けられます。
地鎮祭・上棟式費用工事開始時や棟上げの時に行う儀式の費用
住宅ローン関連費用住宅ローンの借り入れや借り換えのために支払う手数料


その他に、照明費用、カーテン設置費用といったものが、建築費用に含まれないことがほとんどですので要注意です。

注文住宅の費用がわかりにくい理由

注文住宅の場合、建売住宅とは異なり最終的に費用がいくらになるのかがわかりにくい面があります。

何故ならプランが確定するまでは、何に幾らかかるかがわからないからです。家の広さ、間取り、家の形によって材料の量が変わる、使用する材質によって材料の単価が変わる、キッチン、トイレなどの住宅設備のグレードによって料金が変わるといったことがあるためです。

プランが確定し、設計図と仕様書(家のどこにどの材料を使うかということを定めたもの)ができてはじめて、正式な見積もりが出てきますので、それまでは「概算」で、ほとんどの場合「正式な見積もり」は「最初の概算」よりも高くなると考えておきましょう。

また、例えばモデルハウスで使っているキッチンが素敵なだなと思っていると、実は標準仕様のものではなくアップグレードして追加で費用を払わないといけないといったことがあります。展示場に展示されているからといってそれが全て標準で使えるものとは限らないのです。

このようなことも踏まえ、標準で使えるものをしっかりと確認した上で、契約をするようにしましょう。


建てた後の費用ーメンテナンス費

家を建てた後には時間の経過とともにメンテナンスが費用となってきます。そのためメンテナンスの費用も考慮して置く必要があります。住宅会社によって10年保証、20年保証といったものがありますが、20年以上住み続けるのであれば必ずメンテナンス費用はかかってきます。

おおよその築年数とメンテナンスが必要な箇所は以下の通りとなります。

築10年以内・ほぼ修繕は必要としませんが、家の外側で鉄を使っている箇所があれば、塗装によるサビ防止が必要となります。
・和室がある場合には畳の取り替えが必要となります。
築10〜20年・外壁にヒビが入ってきたり、サイディングの壁であれば、つなぎ目のシーリングが劣化してきます。これらの隙間から雨水が入り込んでくることがあるので、塗り替え、シーリング補修による防水処理をする必要があります。
・屋根の形状によって異なりますが、塗装のやり直しや葺き替えが必要となります。
築20年以上・キッチン、トイレ、バスといった住宅設備の交換が必要となってきます。


少しでも予算を抑えるためのコストカット方法

最後に住宅の品質を保ちながらも予算を抑えるための方法をご紹介します。

壁を少なくする工夫をする

間仕切り壁をなくすと、壁をつくるための材料費や、作業量が減るために人件費を抑えることができます。

建物、屋根の形を四角形に近づける

凹凸の多い家も壁が増えるために費用がかかりますので、なるべく真四角の家にすることでコストが抑えられます。

建物の坪数を減らす

厳密な計算ではありませんが、坪単価50万円であれば、1坪削るだけで50万円が抑えられます。必要な部屋の広さなど普段のライフスタイルから見直してみると良いでしょう。間取りの見直しによっても削れる部分が出てくる場合もあります。

注文住宅の検討を始められたばかりの方には、費用に関してイメージしにくいところもあるかと思いますが、大切なことは住宅会社との契約前にかかる費用を全て割り出しておくことです。

そうしないと住宅の営業マンから「2,000万円」と言われていたものが実は本体工事費のみで、契約したのちに追加でかかる費用がわかり、予算がオーバーしたり、建物の費用を抑えて予算内にするといったことになりかねません。

まずは費用の内訳が全てわかるようにしておきましょう。