成功する注文住宅づくりのヒントTOP > 間取りの決め方を事例別にご紹介

間取りの決め方を事例別にご紹介

注文住宅を建てる際に重要となってくるのが間取りです。間取りの良し悪しによって生活の快適さに大きく影響してきますので、間取り作りの考え方、目的・要望別の間取り事例チェックポイントを用意しましたので、是非参考にしてください。

間取りづくりで大切なのは、家を建てる目的、要望をはっきりとさせること


間取りを決める際にまず考えておくべきことは
・家を建てる目的
・どんな暮らしがしたいかという要望
をはっきりとさせておくことです。

人によってライフスタイル、生活で重視すること、快適に感じることなどは異なりますので、どんな間取りが適しているかも当然変わってきます。

主な目的、ライフスタイル、要望ごとの間取りの考え方をまとめましたので、是非ご参考にしてください。

間取りづくりでよくある失敗


間取りづくりでよくある失敗としては、モデルハウスや住宅情報誌に載っている間取りを見て「リビングは広ければ広い方が良い」「とにかく収納はたくさん」といった漠然と答えを出してしまうことです。結果としてほとんど使わない部屋や余計なスペースができて、本当に必要な空間が快適でなくなるといったことがあります。

まずは、どんな暮らしが自分にとって快適か、どんな暮らしを実現したいのかをよく考えましょう。

間取りづくりで大切なのは、家を建てる目的、要望をはっきりとさせること


間取りを決める際にまず考えておくべきことは
・家を建てる目的
・どんな暮らしがしたいかという要望
をはっきりとさせておくことです。

人によってライフスタイル、生活で重視すること、快適に感じることなどは異なりますので、どんな間取りが適しているかも当然変わってきます。

主な目的、ライフスタイル、要望ごとの間取りの考え方をまとめましたので、是非ご参考にしてください。

間取りづくりでよくある失敗


間取りづくりでよくある失敗としては、モデルハウスや住宅情報誌に載っている間取りを見て「リビングは広ければ広い方が良い」「とにかく収納はたくさん」といった漠然と答えを出してしまうことです。結果としてほとんど使わない部屋や余計なスペースができて、本当に必要な空間が快適でなくなるといったことがあります。

まずは、どんな暮らしが自分にとって快適か、どんな暮らしを実現したいのかをよく考えましょう。

間取り事例別チェックポイント


目的、要望別に間取り考え方をご紹介します。

目次
過ごし方で考える間取り
重視したい場所・空間で考える間取り
機能で考える間取り
二世帯住宅で考える間取り
子供との暮らしで考える間取り
人を呼べる家で考える間取り
趣味で考える間取り




・過ごし方で考える間取り


普段の家族との過ごし方で間取りを考える方法です。例えば、「家族みんなで団欒の時間を大切にしたい」や「一人で過ごす時間を大切にしたい」などです。

1.みんなで過ごすことが多い
「自然と家族が集まる」「みんな一緒にいてもお互いに窮屈に感じない」空間を間取りに取り入れましょう。 例えば家族全員が座れるソファーを配置した上でリビングの広さを考えてみると良いでしょう。

2.夫婦同士、子供同士で過ごすことが多い
「二人でゆっくりと過ごせる」空間を間取りに取り入れましょう。敷地にゆとりがあるなら、生活空間から少し切り離された二人だけの特別な空間を作るのも良いでしょう。

3.同じ空間でそれぞれ自由に過ごすことが多い
リビングに集まりながらも、お父さんはテレビ、お母さんは読書、子供達は勉強、というようにそれぞれ好きな事をしていることが多い場合、例えばリビングとダイニングが繋がっていても少し区切りをつけて、お互いの存在が感じられるくらいの空間にしてみるのも良いでしょう。

4.一人で過ごすことが多い
書斎、ワークスペースなどを一人でゆったりと過ごせる空間を間取りに取り入れましょう。決して広く造る必要はなく、普段の生活空間から離れていることが大切です。



・重視したい場所・空間で考える間取り


場所・空間では、「あなたはそこにいる時間が長い」、「家の中で最も快適で落ち着ける場所にしたいと願っている」がわかります。 部屋、空間を考える際の優先順位をつけるヒントとなります。

1.リビングを重視したい
リビング、ダイニング、キッチンは壁を隔てず一続きの間取りというのがよくありますが、リビングで過ごすことを重視される場合には、例えばリビングを独立させて、「生活音が気にならないゆっくりと過ごせる空間」となるような間取りにすると良いでしょう。

2.ダイニング・キッチンを重視したい
ダイニング・キッチンが単に食事をするだけの場所でなく、ゆっくりと寛げる空間になるように間取りを考えましょう。例えばダイニングから庭が見渡せる、キッチンに光をたくさん取り込めるようにするなどの工夫をすると良いでしょう。

3.バス、脱衣所、洗面所を重視したい
広いリビング、十分な収納ということを優先させるとどうしても狭く隅に追いやれがちになるのが、お風呂や洗面所です。しかし最近ではお風呂にゆっくり入ったり、洗面所でゆっくりと支度をすることでリラックスをするという人も増えていますので、これらから使いやすさ、過ごしやすさから間取りを考えてみるのも良いでしょう。

4.寝室、自分の部屋
最近では自宅で仕事をする人も増えていますので、寝室や自分の部屋が単に寝るだけではなく、仕事や寛ぎの空間として捉えることが大切です。寝室の横にワークスペースやリラックスできる空間を造るなどの工夫をしましょう。

5.テラス、屋上
テラスや屋上といった外の空間を重視したい場合、家の中と繋がりを意識した間取りを考えましょう。テラスを家の中心に配置してリビング、ダイニング、キッチンと繋げるといった空間づくりも検討しましょう。



・機能で考える間取り


1.防音
外の音や生活音が気になる方は間取りで工夫をすると良いでしょう。外の音の場合は家の周りの環境を事前に把握しておく必要があります。道路や隣家とのどのように面しているかを見ておきましょう。また、家の中ので生活音が気になるという場合には、リビング階段や吹き抜けを避けるなど壁をきちんと造って音が広がらないような間取りにしましょう。

2.家事楽
最近は家事動線を重視した間取りが多く見られますので、色々な事例を見ておくようにしましょう。キッチン→サニタリールーム→バスといった導線だけでなく、収納を分散させず大きく一箇所にまとめることで片付けやすい家にするといった工夫もあります。

3.明るさ、通気性
間取りで色々と要望がある場合、光の入り方、空気の循環などは見落とされがちになります。素人には難しい部分ですので住宅会社の設計士さんに相談して考えてもらうようにしましょう。

4.プライバシー
プライバシーを考える場合、家族間でのプライバシーと外からの視線という2点があります。家族間、親子の場合であれば寝室と子供部屋が横並びの場合は音が聞こえたり、向かい合わせでドアを開けている場合には中が見えますので、そうならないように間取りの位置を工夫しましょう。
外からの視線の場合は、道路や隣家の窓やベランダの位置に留意して部屋を配置したり、窓の位置をきちんと考える必要があります。



・二世帯住宅で考える間取り


二世帯住宅をお考えの場合には、親世帯と子世帯でどのような距離感・接し方をしたいかを、またそれぞれの暮らし方の違いを考えた上で間取りに反映させるようにしましょう。

1.それぞれ独立した生活を望む場合
ある程度敷地にゆとりが必要となってきますが、「完全分離型」である玄関からキッチン、バス、トイレまで全てを親世帯と子世帯で独立させた間取りとしましょう。

2.親世帯を主軸とした間取りまたは子世帯を主軸とした間取り
玄関やバス、トイレは一緒にしながらも生活空間を分ける「部分共有型」の間取りを検討しましょう。またどちらの世帯が主軸となるかによって間取りの考え方も変わってきます。普段の生活で重視することやライフスタイルについてご家族でよく話し合っておきましょう。

3.二世帯みんなで一緒に過ごせる間取り
バス、トイレ、キッチン、リビングと全てを共有する「完全同居型」の間取りを検討しましょう。ただし場合によってはある程度距離感を保ちたいと思う時もあるので、顔を合わせる必要がないような空間、動線を意識した間取りとしましょう。例えば、リビングを通らずにお風呂や洗面所へ行けるといった構造です。



・子供との暮らしで考える間取り


家を通じて子供にどのように育って欲しいのか、子供の成長を考えた上で間取りづくりに反映させるようにしましょう。

1.子供が勉強に集中できる間取り
“勉強に集中できる環境”とは言っても、ただ単に「勉強部屋」を設ければ良いとは限りません。親の近くにいることで安心して勉強に集中できるということもありますので、みんなが集まるリビングやダイニングの一角に勉強スペースを用意するなど検討してみましょう。

2.子供の安全、健康を考えた間取り
お子さんが小さいうちは目が離せないということがよくあります。子供が遊べるスペースを用意するだけでなく、キッチンやリビングのソファーからでも視界に入るような間取りとしましょう。

3.子供とコミュニケーションが取れる間取り
こちらは1、2と似た部分もありますが、リビングやキッチンの側に子供用のスペースを造ったり、子供部屋へ行く動線上に家族が集まる空間を造るなどしましょう。



・人を呼べる家で考える間取り


来客が多い方の場合、お客さんをどの部屋に通すかと、家族がお客さんに気兼ねなく家の中を移動できる動線を意識した間取りづくりを考えましょう。

1.リビングでおもてなし
リビングにお客さんが呼ぶことが多い場合には、ある程度の広さと生活感をなるべく無くした空間づくりがヒントとなります。 例えば、キッチンや家事室など家族だけが使う空間が目に入らないようにするなど、リビングを仕切った間取りが良いでしょう。

2.ダイニングでおもてなし
ダイニングにお客さんを呼ぶことが多い場合には、食事を振舞ったり、お茶を出すことが多いと思います。ダイニングの近くに配置されるキッチンやパントリー、家事室などが目に入らないようにするのと、家族がお客さんに合わなくても移動できるように2方向からいける動線にするなど工夫しましょう。

3.キッチンでおもてなし
キッチンはプライベートな空間であり、また散らかりやすいので、生活感を隠せるように、キッチン用品や食材、冷蔵庫などをキッチンと区切った場所に置けるようにするなどの工夫をしましょう。



・趣味で考える間取り


趣味をお持ちの場合には、ゆっくりと趣味を楽しめる間取りを考えるのも良いでしょう。ポイントは普段の生活空間といかに切り離された部屋とするかです。

1.楽器演奏、音楽鑑賞を楽しみたい
防音室ができれば一番良いですが、予算的に難しい場合には楽器演奏や音楽観賞用の部屋をリビングや寝室と横並びにならないように、廊下を挟んだ反対側やクローゼットで遮るといった間取りが良いでしょう。

2.アウトドアを楽しみたい
アウトドア用品は意外とかさばり、持ち運びも大変なので、車から降ろしてすぐに保管できるようにしましょう。例えばインナーガレージや玄関の横に収納スペースを用意するといった間取りが良いでしょう。

3.ホームシアターを楽しみたい
リビングだと何かと人の出入りがあって落ち着いて映画やテレビが見られない場合にシアタールームがあると便利です。映画を大音量で楽しみたい場合には、リビングや寝室とは切り離した場所や収納室を挟むなどの工夫をしましょう。

4.茶道、華道などを楽しみたい
音楽や映画の趣味とは逆に、茶道、華道の場合には静かな和の空間が必要となります。普段の生活空間から切り離された場所、庭が見える場所に和室を造るといった間取りが良いでしょう。

5.自宅トレーニングをしたい
トレーニングルームでは体を動かすため音が響かないようにできれば1階に用意しましょう。また汗をかいた後にすぐにシャワーを浴びれるようにお風呂と隣接した間取りが良いでしょう。

6.料理、おかし作りを楽しみたい
料理、お菓子作りを楽しみたい場合には、キッチンを広くし、材料や作った料理を置いておくスペースもあると良いでしょう。複数の方で作る場合には人が余裕を持ってすれ違えるだけのスペースを考慮します。またアイランドキッチンとし、ダイニングやリビングまで見渡せるようにすると窮屈さもなくなります。



家づくりの要望や課題がはっきりしていないは方は


注文住宅の検討を始めたばかりで、家づくりの要望や課題がはっきりしていない方もいらっしゃるかと思います。
家づくりエージェントであれば、ネットでできる簡単な診断でご自身の要望や課題がわかるようになっています。
さらに、診断結果に基づいたぴったりな住宅会社もご紹介していますので、是非お試しください。

あなたにぴったりの住宅会社が見つかる!選べる!家づくりエージェント